そぉいメモ@カクトラ

七つの海越えて 御霊求めて 今宵二つの星重なり ソラに煌めく

2017/05/27 ガブリエラ・ロタルィンスカ 「バトルスタイル」

f:id:BlueCloth:20170715121813j:plain

 

お題【ココだけの話】ガブリエラ編

ガブリエラよ。

今回はココだけの話…。毎度よく難しい質問を考えるものだわね。そうね、それじゃせっかくだから、日本に来て入隊したばかりの時の話をするわね。

私はトライナリーとして日本政府…というか、情報管理庁に協力することを条件に日本に留学できることになったのよ。来た当時はアーヤもまだ1~2戦くらいしかしていなくて。アーヤが最初とは言っても、私と戦歴は大差ないのよ、実際のところ。それに私はポーランドでの戦争のこともあるから、それなりに戦いにも慣れていたけど、アーヤはそうでもなかったから、最初は色々と助けてあげたものなのよ。
一番驚いたのは、アーヤが銃に全然慣れて無くて、最初のうちは私が何か撃つたびにビクッてしてたことかしらね。確かに日本では銃なんて見ないし、一生本物見ずにいられる人もいるって話だから無理もないことかもしれないんだけどね。って…この話、確かに「ココだけの話」ではあるけど、自分のことじゃなくてアーヤの事になっちゃったわね。

それじゃ、自分のことも1つお話ししてあげるわ。
まだ日本に来て間もない頃は、出動するときには髪型を変えていたのよ。当時は今よりも気が張っていたし、まだフェノメノンにも慣れてなかったから、ちょっとでも気になることを排除しなくちゃって思って。本当は髪の毛切っちゃおうかしら…なんて思ったこともあったけど、さすがにその勇気は無かったわね。だから色々考えて、フェノメノンに入る時は、髪の毛をクルって一巻きして、邪魔にならないようにしていたのよね。
最近はだいぶ慣れてきたし動きも無駄を省けるようになったから、あまりやる意味が無くなっちゃってやらなくなっちゃったんだけど。

そんな感じだわね。
なんか、あまりとっておきの話じゃない感じになっちゃったけど、退屈だったらごめんなさいね////